天気

2018年末は名古屋・日本海側は大雪!大寒波で帰省に影響!

大寒波アイキャッチ

早いものでもうすぐ12月が終わりますね。

気温も徐々に低くなってきて、冬に突入した感じを毎朝感じます。

 

すでに年末の準備を着々とされている人も多いでしょう。

いまから年末の予定をあれこれ立てられている人も多いはず。

 

そんな中、今年2018年の年末の気象予報が徐々にわかってきました。

どうやら今年の年末は大寒波がやってくるようです。

 

ところによっては大雪の可能性もあるとの話。

 

「2018年の年末は大寒波らしいよ」

「年末は日本海側は大雪で名古屋でも雪が降るらしい」

「年末の帰省ラッシュの交通に影響が出るんじゃないか?」

っていうようにすでに心配の声が出ています。

 

そうですよね。

年末はいろいろな予定を立てている人も多いので大雪とかマジで困りますよね。

とくに交通状況が悪くなると帰省に影響が出てしまいます。

 

そこで今回は「2018年の年末は日本海側は大雪で名古屋でも雪!大寒波で帰省に影響!」っていう話をお伝えします。

 

この記事を読むことによって、年末の寒波についてくわしく知ることができますよ!

それでは行ってみましょう!

 

2018年末は名古屋・日本海側は雪で帰省に影響

2018年の年末は数年に一度レベルの大寒波で帰省ラッシュを直撃する予報が出ています。

 

クリスマスあたりから全国的に気温が徐々に下がりはじめ、多くの会社が仕事納めの28日(金)から急激に寒波が襲ってきます。

とくに朝は厳しい寒さのうえ、昼間もあまり気温が上がらずかなり冷え込んだ日々が続きそうです。

 

こちらは年末までの日本全国の天気予報です。

 

大寒波1 大寒波2

(引用:tenki.jpより)

 

日本海側や北部では雪のマークが出ていますね。

気温もかなり低いです。

 

仕事納めの日は非常に寒い一日になりそうですね。

 

また太平洋側でも、29日に一部名古屋に雪マークが出ています。

仕事納めのつぎの日なので、帰省ラッシュに影響がないといいですね。

 

とくに名古屋で雪が降るということは、岐阜県でも雪が降る可能性が非常に高いので、新幹線への影響が心配されます。

車で帰省する場合でも、東名高速の通行に影響が出るかもしれません。

 

また日本海側は気温も氷点下で雪の予報が出ているので、帰省ラッシュへの影響は避けられない模様です。

日本海側の広範囲で雪が降ることになりそうです。

電車や飛行機にも影響が出るかもしれません。

 

また太平洋側で雪の心配がない地域でも、かなり気温が下がって冷え込みますので寒さ対策が必要となります。

初詣は防寒着をしっかり着込んでいきましょう。

 

ところで今年の年末の大寒波は、年明けも続くのでしょうか?

お正月も厳しい寒さがつづいたり雪が降るかどうか心配ですよね。

 

つづいては年明けの状況についてお伝えします。

 

2019年の年始はどうなる?

現在の予報では、年末は大寒波で地域によっては大雪の可能性があります。

ただ年が明けると、寒波の状況も和らいでくる予報です。

 

寒波は年末までつづきますが、年が明けると関東から西は平年並みの寒さになるようです。

ただ北日本は平年並みかやや低いぐらいで、場所によっては積雪が増加するところも。

 

せめてお正月は雪は降らないでほしいですね。

 

まとめ

2018年の年末は日本海側は大雪で名古屋でも雪!大寒波で帰省に影響!っていう話をお伝えしました。

仕事納めの日あたりから急激に寒さが増してくるようです。

体を冷やしてカゼをひかないように注意したいですね。

また新しい情報がありましたら更新します!