有岡大貴アイキャッチ

芸能・音楽

有岡大貴のダンスセンスと演技力の実績・経歴!ドラマ・映画の評判

更新日:

Hey!Say!JUMPの有岡大貴(ありおか だいき)さんに最近話題が集まっています。。

Hey!Say!JUMPというと、中心メンバーが山田涼介さんや知念侑李さんというイメージですが、ここにきて有岡大貴さんが注目されているんです。

 

その理由は有岡大貴さんの独特なダンスセンスと、抜群の演技力!

Hey!Say!JUMPの中でも、有岡大貴さんのダンスセンスと演技力についてはとても注目されて、年々その知名度は一気にうなぎのぼり!

 

キャラクター的には「癒し担当」と言われている有岡大貴さん。

その有岡大貴さんの独特のダンスセンスと抜群の演技力がとても話題を集めているんです。

 

そんな有岡大貴さんについて、いろいろと興味の声があがっています。

「有岡大貴さんの独特のダンスセンスってどんな感じなの?」

「有岡大貴さんの演技力は?」

「有岡大貴さんの話題となったドラマや映画は?」

 

そうですよね!

有岡大貴さんのダンスセンスや演技力についてとても気になりますよね!

 

そこで今回は「有岡大貴さんのダンスセンスと演技力の実績・経歴、ドラマ・映画の評判」についてお伝えします。

 

この記事を読むことによって、有岡大貴さんのことについてくわしく知ることができますよ!

それでは行ってみましょう!

 

 

有岡大貴のダンスセンス

有岡大貴さんは1991年4月15日生まれ、千葉県出身です。

「Hey! Say! JUMP」が結成されたのは2007年。

いまやジャニーズの大人気グループです。

 

そんなHey! Say! JUMPのメンバーである有岡大貴さん。

有岡大貴さんのダンスセンスが注目されています。

 

有岡大貴さんって、ファンの間では「踊り方が独特」って言われています。

 

「ダントツで有岡大貴さんがダンスがうまい」

というファンの声もあれば

「有岡大貴さんのダンスって・・・ん~?」

っていうファンもいます。

 

その理由は、有岡大貴さんのダンスは「感覚的」に踊っているからという話。

 

自分の感性で踊っているので、他のメンバーとはちょっと違うダンスイメージなんでしょう。

その分Hey! Say! JUMPの中では、有岡大貴さんのダンスって目立っているんです。

 

メンバーの中では浮いてしまうときがあるので、ファンの中では好き嫌いがあるみたいですね。

 

逆の言い方をすると、型にハマらずに自分らしいダンスのバリエーションを持っているってことですね。

ある意味、本当の意味でダンスセンスがあるんでしょう。

 

有岡大貴さんは踊りを楽しんでいるっていう声も多いです!

 

つづいては有岡大貴さんのもう一つの魅力である「演技力」について見ていきましょう。

 

有岡大貴の演技力の実績・経歴!ドラマ・映画の評判

有岡大貴さんの演技力は、かなり高い評価を受けています。

 

有岡大貴さんがジャニーズ事務所に所属したのは2003年のこと。

じつは有岡大貴さんは、その前から俳優として活躍していたんです。

 

そして有岡大貴さんが俳優としてデビューしたのは、なんと!驚きの9歳のとき!

ジャニーズ事務所に入る前は、もともと子役として活躍していたんですね。

 

当時出演したドラマは、2000年夏に日本テレビ系列で放送された安田成美さん主演の「リミット もしもわが子が・・・」というドラマ。

「主人公である安田成美さんの子役」という大役を演じています。

 

これってスゴくないですか!

Hey! Say! JUMPとして有名になるはるか前の9歳のときに、すでに子役でドラマ出演していたなんてかなりの実力派ですよね。

 

子役でドラマ出演なんて、かなりの演技力がないとオーディションで選ばれません。

もともと有岡大貴さんは、俳優としての演技のセンスが抜群なんでしょう。

 

有岡大貴さんは、そんな子役デビュー以降、多くのドラマに出演しています。

 

Hey! Say! JUMPのメンバーになってから本格的に出演したドラマの一つ目は「金田一少年の事件簿」。

これは2013年~2014年にかけて日本テレビで放送されたシリーズ物のドラマです。

 

さらに有岡大貴さんの演技力の高さが有名になったのは、大人気ドラマ「コード・ブルー」。

 

有岡大貴1

 

フジテレビ系で2017年7月スタートした救急医療で活躍するドクターのドラマです。

 

このドラマに出演した有岡大貴さんについて、最初はみんな「ジャニーズ枠」という見方をしていたんですが、じつはその抜群の演技力にビックリ!

有岡大貴さんの演技力の高さに、視聴者はかなり驚いています。

 

やはり子役時代から俳優としての下積みがあるだけに、演技に深みがあるんですね。

とくに「コード・ブルー」の中では、自然に涙があふれ出てきて最後は号泣するシーンは絶賛されています。

 

その有岡大貴さんの演技に「感動した」という声がたくさん出ていました。

 

 

 

 

すばらしいですね!

 

有岡大貴さんはこのような演技力の高さが評価されて、映画にも出演しています。

以下は有岡大貴さんが出演した映画です。

 

有岡大貴さんが出演した映画

  • ベースボールキッズ(2003年10月18日公開)
  • Jam Films 2 : FASTENER(2004年3月27日公開)
  • こどもつかい(2017年6月17日公開)
  • 劇場版 コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命(2018年7月27日公開)

 

これからもたくさんのドラマや映画に出演していくでしょうね!

 

 

まとめ

有岡大貴さんのダンスセンスと演技力の実績・経歴、ドラマ・映画の評判についてお伝えしました。

有岡大貴さんの独特のダンスセンスは感性を大切にしているので、ファンにとっては好き嫌いがあるようですね。

また有岡大貴さんの演技力はかなり評価が高く、視聴者の感動を導くほどです。

有岡大貴さんのこれからのご活躍を応援していきたいと思います!

 

関連記事

-芸能・音楽

Copyright© ネタチェック , 2019 All Rights Reserved.