森永チョコフレークアイキャッチ

生活

チョコフレークの販売はいつまでで終了?なぜ販売中止になるかの理由

更新日:

9月28日森永製菓は「チョコフレーク」の生産を来年の4~6月ごろ終了すると発表しました。

「カール」が生産終了になったニュースは記憶に新しいと思いますが、「チョコフレーク」も生産終了です。

 

「チョコフレークはいったいいつまで食べれるんだろうか?」

「チョコフレークが生産をやめる理由はなんなんだろう?」

「再販する予定はないの?」

というようにSNSではいろいろな声が上がっています。

 

たしかに50年間にわたって販売し続けてきた「チョコフレーク」なので、ここにきて生産中止になるとは思ってもいませんでしたね。

 

そこで今回は、森永チョコフレークの販売終了の時期と、なぜ販売中止になるかについてその理由を紹介します。

この記事を読んで、森永チョコフレークがいつまで帰るのかと、販売中止になる理由を知っちゃってくださいね!

 

 

森永チョコフレークの販売はいつまでで終了?

森永製菓の発表によると、森永チョコフレークの生産は2019年4~6月ごろまでです。

生産が終了した後、商品が店舗に出回って、最後にお店で手に入るのは2019年7月ぐらいまでになるでしょう。

 

1967年の販売開始から50年以上親しまれてきた「森永チョコフレーク」は、あと1年もたたないうちに無くなってしまいます。

 

森永チョコフレーク1

 

ただこのニュースが発表になってから、「お店に森永チョコフレークが売っていない」という情報が出ています。

たしかに最近あまりお店で森永チョコフレークを見かけなくなったかもしれませんね。

 

ちなみに森永チョコフレークの再販についていろいろ調べてみましたが、今のところ再販に関する情報はありませんでした。

完全に来年の6月頃には生産中止になってしまいます。

 

森永チョコフレークがなぜ販売中止になるかの理由

森永チョコフレークが販売中止になる理由は何なのでしょうか?

森永製菓は生産終了の理由をつぎのように発表しています。

「チョコフレークを食べると手がべとついて、スマホの操作と相性が悪いため、この5年で売り上げが半減したから」

 

たしかにチョコフレークを食べると、手にチョコがべとついてしまいますね。

でも手にべとつくお菓子は他にもいっぱいあるような気がしますが・・・。

ポテトチップスなんて、もっとべとつきますし。

 

まあ「スマホ操作との相性が悪い」というのは、後からこじつけた理由かもしれません

単純に売上が減ってしまったのと、国内の生産拠点の再編も理由のようです。

 

森永製菓は、千葉県野田市のお菓子の製造工場を2019年12月に閉鎖します。

そしてこの工場で製造している「ポテロング」は栃木県小山工場に移管する予定です。

 

ポテロング

 

「ポテロング」も食べると手がベトベトしますが、不思議なことにポテロングの売り上げは好調なんです。

 

今回のチョコフレークの販売中止について、Twitterでは署名運動になるほど話題に上がっています。

 

 

 

 

 

 

けっこう熱烈なファンが多かったんですね。

 

 

まとめ

森永チョコフレークの販売終了の時期と、なぜ販売中止になるかについてその理由を紹介しました。

森永チョコフレークのファンだった人にとってみたら、大変残念なニュースですね。

販売中止が近づいてきたら、まとめ買いしておくのもいいかもしれません。

 

50年間売れ続けてきたお菓子がお店から無くなってしまうのはさみしい話です。

ただその代わり、また新しいお菓子が誕生するかもしれませんので、今後の森永製菓の商品開発に期待しましょう。

 

 

台風の日は家で映画やドラマをゆっくり見ましょう!

台風24号が日本列島横断します。

29日(土)と30日(日)は週末にも関わらず、どこにも遊びに行けませんね。

こんな日は家でなにしてますか?

わたしは動画配信サービス「FOD」で見たかった映画やドラマをゆっくり見てます(笑)

「FOD」なら映画やドラマがガッツリ見れますよ。



月額888円ですが、Amazonアカウントで簡単に登録できます!

しかもAmazonアカウントで登録すれば1ヶ月間無料ですのでとりあえずお試しで見てみてもいいですね。

また1ヶ月以内に解約すれば料金は発生しませんので安心してください!

 

⇒ まずは無料のお試しで映画やドラマを見てみる!

 

 

関連記事

-生活

Copyright© ネタチェック , 2019 All Rights Reserved.