天気

台風25号の進路予想と沖縄に上陸するのはいつ?3連休は大丈夫?

台風25号衛星写真

台風24号が過ぎ去ったと思ったら、今度は台風25号。

今年は台風のあたり年ですね。

 

台風が一番発生しやすい時期は8月と言われていますが、10月でもまだまだ発生して日本列島に上陸することはあります。

ちなみに去年2017年は10月に発生した台風21号が23日に静岡県から上陸し、広範囲にわたって土砂災害などが発生しました。

なので10月に入ってもまだまだ油断はできません。

 

「台風25号の進路予想はどうなっているんだろう?」

「台風25号は沖縄に上陸するのはいつ?」

「3連休は大丈夫なの?」

と台風25号の気になることがいろいろ出てきました。

 

たしかに前回の台風24号のように日本列島を横断する台風だったらたまりません。

しかもまた週末に影響が出るようだと、週末のレジャーも難しくなるし、週明けの通勤にも影響が出てきます。

 

そこで今回は「台風25号の最新の進路予想と沖縄に上陸するのはいつぐらいになるのか?」についてお伝えします。

また「3連休は大丈夫なのか?」についてもお伝えしますね。

 

この記事を読んで、早めの台風対策を練ってくださいね。

 

台風25号の進路予想!沖縄に上陸するのはいつ?

猛烈な台風25号は10月2日午前3時現在、フィリピンの東の海上に位置しています。

時速15kmで北西の方向へゆっくりと進んでいる状態です。

 

台風25号の2日(火) 3時現在

  • 位置 フィリピンの東
  • 強さ 猛烈な
  • 移動 北西に15 km/h
  • 中心気圧 915 hPa
  • 最大風速 55 m/s
  • 最大瞬間風速 75 m/s

 

最大風速が55m/sってことは、台風24号並みですね。

 

今後の進路予想図を見てみましょう。

 

台風25号進路予想

(引用:ウェザーニュース)

 

台風25号は、今後は週末に向けてゆっくりと沖縄方面へ移動していく見込みです。

このまま行くと、沖縄本島に最接近するのは5日(金)~6日(土)にかけて。

 

まさに週末に差し掛かるときに台風が直撃っていう流れになりそうです。

残念ながら沖縄の方は、2週続けて台風直撃の週末を過ごすことになるかもしれません。

 

さらにその後、6日(土)~7日(日)にかけては九州地方に最接近。

しかも九州は台風の進路の右側になるので、より風も強まって大荒れのお天気になるでしょう。

 

台風25号による影響で3連休は大丈夫?

気になるのは週末の3連休のお天気です。

進路予想図を見ると、3連休の初日である6日(土)は、沖縄地方は台風の影響をモロに受けるでしょう。

また6日(土)~7日(日)は、九州地方が台風によって大荒れの模様です。

 

台風25号は、いまのところ沖縄を通過した後、九州方面へ抜けてそのまま大陸方向に進んでいく予報です。

ただ前回の台風24号の例もあるので、もし急激に進路を東寄りに変えた場合は、本州への影響も出てきます。

まだ油断はできません。

 

こちらは台風25号の世界の予想モデルです。

 

台風25号世界の予想モデル

(引用:ウェザーニュース)

 

現在の予想モデルでは、日本列島の北側を通っていく予想になっています。

これは週末に向けて「夏の高気圧」が勢力を増す影響で、台風が本州に近づかない可能性があるからです。

 

ただ日本列島には秋雨前線が停滞していますので、台風の接近による影響で前線が活発化して週末の3連休は雨になることも考えられます。

この場合は、本州には台風は上陸しないけど「天気は雨」という状態になってしまいますね。

いずれにしろ週末の天気予報には目が離せません。

 

まとめ

台風25号の最新の進路予想と沖縄に上陸するのはいつぐらいになるのか?についてお伝えしました。

3連休の天気もなんだか怪しい感じですね。

今度の週末は体育の日もあるので運動会がある学校や幼稚園も多いでしょう。

このままでは雨や台風の影響が出るか心配ですね。

 

また先週の台風の影響で、予定していたレジャーなどの予定を今週末にずらした人も多いと思います。

でも2週連続で中止っていう事態も、ひょっとしたらあり得るかもしれません。。。

引き続き最新の台風情報をお届けしていますので、よろしくお願いいたします!