生活

関西空港の復旧はいつ?伊丹振替で賢く大阪に行く方法と払戻し方法

関西空港

台風21号の影響で関西空港が完全に閉鎖状態になってしまいましたね。

閉鎖の原因は2つ。

閉鎖になった1つ目の原因は、関西空港全体の冠水で、滑走路や旅客ターミナル周辺が完全に冠水してしまいまいました。

 

 

これはマズっすね。

 

さらに閉鎖の2つ目の原因は、タンカーが強風に流されてしまい、関西空港へ通じる連絡橋に突っ込んでしまったためです。

 

 

橋に突っ込んでしまったのは「宝運丸」というタンカー。

全長89m、2,591トンもある巨大なタンカーなので、橋は半壊状態。。。

 

つまり関空への足となっている唯一の連絡橋が使えないため、関西空港へ行き来することができないわけですね。

これでは関西空港発着のチケットを予約していた場合、ちょっと困りましたね。。。

 

「いったいいつになったら復旧するんだ?」

「大阪で大事な仕事があって、キャンセルできないよ!」

「大阪出張で宿泊なのでホテルも予約してしまった・・・」

という困ったケースも多いはず。

 

東京からの出張ならまだしも

「新幹線で大阪まで行くのもかなり時間が掛かるからしんどい」

というエリアの方もいるはずです・・・。

 

こんにちは、30代~50代の働く男性にお役立ち情報をお届けする「ネタチェック」編集部です。

あなたは「このまま関西空港が復旧しなかったら、大阪への出張するルートをどうしようか?」と悩んでいませんか?

そもそも空港が冠水なんて、信じられないですよね。

 

「もともと埋め立てした作った空港なんだから、高潮対策はしてなかったのかな?」

「タンカーが橋に突っ込むなんて、ありえないでしょ!」

といろいろな声が聞こえてきそうでうが、賢いあなたはこの事態でも冷静に「別の大阪に行くルート」を検討しましょう!

 

ちなみに関西空港がこのまま使えなくても、伊丹空港へ振り替えできることを知ってましたか?

ANAでもJALでも今回のようなケースの場合は、関西空港と伊丹空港の間でチケットを振替することができるのです!

 

また連絡橋にタンカーが突っ込みましたが、橋の片側車線がまだ使えそうなので、大阪に出張するのがまだ先のあなたは、橋の通行の復旧を待つという手もあります

 

直近で大阪への出張を控えていて、今回の関西空港の閉鎖によって困っているあなたは、この記事を読んで大阪へのアクセス方法を解決しましょう!

この記事を読むことで、仮に関西空港が復旧していなかったとしても、あなたがしっかりと大阪への出張をスムーズに行うことができます。

 

またこの情報を会社の先輩や後輩に教えてあげることで、あなたの株も上がりますね。

逆にこの記事に書いてある情報を知らないと、せっかく大阪に行く代替手段があるのにその情報を逃してしまうことになるので、最後までしっかりチェックしてくださーい!

 

関西空港の復旧はいつになるのか?

空港全体が冠水してしまったうえに、橋にタンカーが突っ込んでしまった関西空港ですが、復旧はいったいいつになるのでしょうか?

 

一日も早く復旧してほしいところですが、残念ながらいまのところ復旧の目処は立っていません・・・。

今週いっぱいなのか?あるいは長期化するのか?わからない状態です。

 

ちなみに滑走路の冠水については、この後の天候はしばらく晴れが続く見込みなので、自然と解決されていくでしょう。

ただ橋の修復については、橋の規模が大きいだけに数日での復旧は難しそうです。

 

つまり空港は使える状態になっても、空港への交通手段が閉ざされてしまう状態。

 

もう一度橋にタンカーが突っ込んだ写真を見てみましょう。

タンカーが橋に

 

こんな重量級のタンカーが橋に突っ込んでしまっているので、とても車やバスが通れる状態ではありません。

 

でもですね・・・。

 

じつはこの関西空港へ行き来する橋は、行き帰りの両方の道路が別々になっているんです。

タンカーが今回突っ込んだのは「空港行きの道路の橋」。

反対側には「空港から帰る道路の橋」があり、そちらの橋にはタンカーはぶつかってない状態。

 

さらにその両方の別々の道路の橋の間には「関空線」という電車が走っています。

 

関西空港への連絡橋を上から映した画像を見てみましょう。

 

 

こんな感じになっていて、反対側の道路が無事ならば、最悪、車線規制をしながら関西空港に行き来することができるかもしれませんね。

さらに真ん中を通っている関空線の線路が無事ならば、鉄道による行き来も可能になります。

 

なので関西空港の利用の復旧は、次の2点のかかっているということです。

  • この反対側の道路が無事かどうか?
  • あるいは関西線の線路が使えるかどうか?

 

これは確かに朗報ではあるのですが、「実際に道路を使っても安全かどうか?」とか「電車が安全に走行できるかどうか?」を確認する必要があるので、この安全確認作業が終わらないと、結局復旧の目処は立たないかもしれません。

 

さらにもしも安全性に問題があった場合は、修繕工事はかなり大掛かりになるので、連絡橋が使用可能になるのはかなり先になってしまうと予想されます。

 

あとはシャトルボートや簡易フェリーのような連絡船を走らせるという手段がありますが、便数に限界がありますし、海が荒れたら運休になってしまうでしょう。

なので連絡船はあくまでも一時的な手段であって、完全復旧にほど遠い状況ですね。

 

では関西空港が復旧しない場合、関西空港を使って大阪に行く予定だったあなたはどうすればよいのでしょうか?

 

ここからは関西空港を使用しないで大阪方面に行く方法を紹介します!

 

関西空港から伊丹空港に振り替えて賢く大阪に行く方法

関西空港が閉鎖している状態で大阪に出張する最善の策は、ズバリ・・・

航空券を伊丹空港発着に振り替えることです!

 

正直な話、関西空港の復旧を待っていたら、あなたが大阪に行かなければならない日がやってきてしまいます。

それよりもさっさと伊丹空港発着の航空便に振り替えた方が、確実に安全に大阪に行くことができますよ。

 

ちなみにANAもJALも、台風のような自然災害の場合、発着空港の変更の手続きをすることができるのです。

こちらはANAのWebサイト。

ANA振替案内

(ANA「悪天候などが理由の予約変更」より)

 

こちらはJALのWebサイト。

JAL振替案内

(JAL「運行に影響が見込まれる際の変更・払い戻し」より)

 

ちなみに「伊丹空港ってどこ?」っていうあなたのために「伊丹空港のアクセス」を紹介します。

 

伊丹空港はモノレールが直結で乗り入れていて「大阪空港」という駅になっています。

モノレールに乗ったら「蛍池」という駅まで出て、そこで阪急線に乗り換えれば、約40分で空港から梅田(大阪)に出れます。

参考までに伊丹空港から各エリアへのアクセスは以下の通りです。

伊丹空港アクセス

(出典:伊丹空港HP

 

このように伊丹空港に振り替えてしまえば、大阪に行き来するのも問題ないですね。

徐々に振り替えの手続きをする人が増えてきて、満席になってしまうかもしれないので、振り替え手続きをするなら早い方がいいですよ!

 

関西空港便のチケットの払戻し方法

とは言うものの、関西空港が閉鎖になっても別に伊丹空港に振り替えずに「新幹線で行く」という方もいますよね。

そんな場合はすでに購入してしまったチケットを払い戻ししてしまいましょう。

 

今回のケースは台風が原因なので、払い戻しの規定通り、ANAもJALも払い戻し可能です。

それこそ「東京―大阪」間の出張の場合は、新幹線でも十分移動可能な範囲ですね。

また福岡、広島から大阪への移動も、新幹線でもなんとか出張可能でしょう。

 

関西空港の復旧の目処は立たない

このように連絡橋が使えない状態なので、しばらく関西空港の復旧の目処が立ちません。

直近で関西空港を利用する予定だったあなたは、早めに伊丹空港に振り替えてしまうか、払い戻しして新幹線などの別の手段で行くかを検討した方が良さそうですね。

 

とくに伊丹空港を利用するビジネスマンはかなり多いです。

関西空港を利用する予定だった人たちが一斉に伊丹空港への振り替えをしてくる可能性があるので、満席になってしまう前に手続きをしてしまいましょう!