スポーツ

岡本和真が最年少で3割30本100打点達成なるかを検証!

岡本和真

9月8日の巨人-阪神戦で、岡本和真内野手(22)が甲子園球場で歴史的な一発を放ち、シーズン30号に到達しましたね。

22歳という若さで30本塁打達成は素晴らしいです!

巨人ファンも、そうでない人も岡本和真の活躍にはみんな注目しています。

 

https://twitter.com/nuremoh/status/1038315782906601473

 

22歳でシーズン30号到達は、巨人では王、松井、坂本に並ぶ年少記録。

しかも22歳以下で、シーズン中に4戦連発のホームランを放ったのは初めてのこと。

巨人の新しいホームランバッターが誕生です。

 

さらにこの素晴らしい成績をシーズン最後まで保っていけば、夢の「3割30本100打点」を達成できるかもしれません。

もし岡本和真が「3割30本100打点」を達成したら、史上最年少の大記録になります!

はたしてこのままの調子で行けば、岡本和真はこの大記録を達成できるのでしょうか?

 

ということで今回は岡本和真が「3割30本100打点」を達成できるかどうかについて検証しようと思います。

 

岡本和真はすでに3割30本を達成!

岡本和真の30本塁打達成がニュースになっていますが、じつは岡本和真はすでに打率の3割も達成しています。

2018年9月8日の試合が終わった時点での今季の成績は次の通り。

 

岡本和真の今季の成績

126試合出場(9/8)

  • 打率 .316
  • 本塁打 30本
  • 打点 93点

 

22歳でこの成績はヤバいですね。

ちなみに驚くことに、去年2017年の成績は15試合に出場して、打率は.194、ホームランはゼロ本!

過去の通算本塁打数は、2015年に打ったたった1本のホームランのみ。

それが今年になって大きく花を咲かせたわけです。

素晴らしい成長と活躍ですね!

 

では岡本和真は、このままいけば3割30本100打点を達成することができるのでしょうか?

気になるところなので検証してみましょう。

 

岡本和真は史上最年少で3割30本100打点達成なるかを検証!

岡本和真はすでに126試合に出場しているので、残りの全試合も出場すれば、あと17試合残っていることになります。

本塁打はすでに30本打っているので達成しているとして、打率も3割を上回る.316の好打率。

今の調子でいけば、よっぽどバッティングの調子が狂わない限り、3割の打率達成も十分射程圏内でしょう。

 

 

問題の打点の方ですが、現在の打点が126試合で93点。

つまり残り17試合で7打点を稼げばいいわけですね。

 

確率論になってしまいますが、残りの17試合を今までと同じペースで打点を稼げたとしたら・・・

計算上では12点を稼ぐことができます!

なので現在の93点に12点を合計すると・・・105点!

 

ということは、かなりの確率で100打点を達成できるということですね!

 

岡本和真がこのままの調子でいけば、史上最年少の3割30本100打点が達成されるのも夢ではないですね!

 

まとめ

岡本和真が史上最年少で3割30本100打点達成なるかを検証してみました。

結論から言うと、かなりの確率で達成できる見込みです。

このままケガなく、不調になることがなければ、今年のプロ野球ニュース界に新しいヒーローが誕生します。

 

去年までの成績を考えると、恐ろしいほどの成長ぶりですね。

それとももともと素質があったものが、今年になって開花しただけなのでしょうか。

いずれにしても岡本和真の今後の打席にみんなが注目ですね。