ニュース・事件

大鶴基成(ゴーンの弁護士)の学歴と経歴がヤバい!過去実績と事務所

大鶴基成アイキャッチ

日産の元会長カルロス・ゴーンさんが逮捕されてから連日報道がつづいています。

そんな中、カルロス・ゴーンさんの弁護士が大鶴基成さんに決まりました。

 

カルロス・ゴーンさんは日産からの内部通告を受けて、多額な所得隠しが発覚して取締役会で解任が決定されています。

そんなカルロス・ゴーンさんの弁護士を引き受けるなんて、かなりやり手なんでしょうね。

 

明らかな証拠がたくさんあっている中、カルロス・ゴーンさんを弁護するのは相当キツいです。

おそらくどれだけ罪を軽くするかに焦点が当たるでしょう。

大鶴基成弁護士の腕の見せどころです。

 

ところで大鶴基成弁護士ってどんな人なんでしょうか?

 

「大鶴弁護士ってかなり経歴がスゴいらしい」

「大鶴弁護士ってもともとは検察側だったらしい」

「ライブドア事件にも関わっていた」

というように、大鶴基成弁護士の話題が早速SNSでたくさんあがっていました。

 

たしかにカルロス・ゴーンさんから弁護を依頼されるなんて、よっぽどのやり手弁護士のはずですよね。

どんな弁護士なのかとても気になります。

 

そこで今回は「大鶴基成弁護士の学歴と経歴、過去の実績と事務所」についてお伝えします。

 

この記事を読むことによって、大鶴基成さんがどんな弁護士なのか詳しく知ることができますよ!

それでは行ってみましょう!

 

大鶴基成(ゴーンの弁護士)の学歴と経歴がヤバい!

まず最初に大鶴基成弁護士の簡単なプロフィールを紹介します。

 

大鶴基成1

 

大鶴基成(おおつる もとなり)

1955年3月3日生まれ

大分県佐伯市出身

 

大鶴基成さんは大分県に生まれましたが、中学と高校は鹿児島県にある名門学校「ラ・サール」に進学しています。

小さい頃からかなり秀才だったんですね。

 

本人の話では、すでに高校の時から「将来は検察官になる」ということを志していたようです。

素晴らしい方ですね。

 

そして検察官になるための第一歩として、みごと東京大学に合格。

法学部に進学しました。

超エリートコースです。

 

その後、1977年に司法試験に合格し、1980年4月に東京地方検察庁の検事として着任。

高校のときからの検察官になる夢を叶えたのです。

 

そして検察庁の検事だけでなく、財務経済の担当なども経験。

2005年には東京地方検察庁特別捜査部長に昇格。

やっぱりかなりのエリートですね。

 

さらにこの頃「ライブドア事件」を担当。

ライブドアの当時の社長である堀江さんに対して、検察側の立場で戦いました。

 

大鶴基成さんとても正義感が強い人で、堀江さんのように証券取引法違反をするような人を許せなかったようです。

当時、大鶴基成さんは検察官としてつぎのようなコメントをしています。

 

額に汗して働いている人々や働こうにもリストラされて職を失っている人たち

法令を遵守して経済活動を行っている企業などが出し抜かれ

不公正がまかり通る社会にしてはならないのです。

 

そして大鶴基成さんは2011年に最高検察庁公判部長まで昇格。

検察庁としてかなりの上位職まで登り詰めましたが、その年に検察官を退官しました。

 

その後大鶴基成さんは、検察官という立場から弁護士に職を転向。

弁護士として活躍することになったのです。

 

それはつづいて大鶴基成さんの弁護士としての実績を見ていきましょう。

 

大鶴基成(ゴーンの弁護士)の過去の実績

大鶴基成さんは弁護士となった後、サン綜合法律事務所(東京都港区)に所属。

サン綜合法律事務所ではつぎのような案件実績があります。

 

サン綜合法律事務所

  • 労働事件
  • 知的財産
  • コーポレート・ガバナンス
  • M&A
  • 不祥事の調査等の企業法務
  • 金融商品取引法違反
  • 独占禁止法違反等の刑事事件

 

弁護士も多数抱えていて、外国法弁護士や弁理士も所属している事務所です。

 

また今回カルロス・ゴーンさんを弁護する事になった大鶴基成さんの分野はどうなっているんでしょうか。

サン綜合法律事務所のホームページで紹介されている大鶴基成さんの「主な取扱分野」にはつぎのように記載されていました。

 

大鶴基成弁護士の主な取扱分野

  • 税法関係(脱税、税務訴訟)
  • 金融商品取引法
  • 独占禁止法
  • 会社法
  • 銀行法
  • 政治資金規正法等の事件相談
  • 業務上横領
  • 詐欺事件等の告訴・告発等
  • 会社内のコンプライアンスの相談
  • 不正事犯の調査等

 

法人におけるトラブル全般に対応していて、とくにお金関係に強い弁護士ですね。

 

今回のカルロス・ゴーンさんは「金融商品取引法違反」で逮捕されていますので、まさに大鶴基成弁護士の得意分野です。

これはかなり強力な弁護士が味方につきましたね。

 

カルロス・ゴーンさんへの今後の弁護がどうなるか気になります。

これについては、以前大鶴基成弁護士が担当した「野球賭博事件」が参考になるでしょう。

なぜならカルロス・ゴーンさんの事件と2015年の野球賭博事件が似ているからです。

 

2015年の読売ジャイアンツで起きた野球賭博事件について、当時大鶴基成さんが弁護士を担当していました。

この事件の当時の成り行きを紹介しますね。

 

野球賭博事件では、読売ジャイアンツの選手が何名か解雇されてしまいました。

実際に「野球賭博をやっていた事実」があったので解雇されるのは仕方がなかったようです。

大鶴基成さんも「クロはクロ」として賭博行為を認めました。

 

ただ大鶴基成さんは「事実の解明はかなりのところまで進んだ。八百長の共謀などは今のところ認められない」と会見で発表。

 

大鶴基成2

 

これ以上読売ジャイアンツの選手たちにダメージが出ないようにできる限りの配慮をしました。

 

つまり「罪は罪」で認めて、その代わり最小のダメージの落としどころに着手させる弁護士なのです。

 

まさに今回のカルロス・ゴーンさんの事件と似ていますね。

大鶴基成弁護士が、カルロス・ゴーンさんの罪をどこまで認めて、どこから弁護するのか腕の見せどころです。

 

しかももともとは地方検察庁特別捜査部に長年在籍していたので、相手の手のうちを十分知りつくした弁護士です。

今後の展開がとても気になりますね。

 

まとめ

大鶴基成弁護士の学歴と経歴、過去の実績と事務所についてお伝えしました。

小さい頃から秀才で超エリートコースを歩んできた敏腕弁護士の大鶴基成さん。

検察官と弁護士の両方の立場を経験しているんですね。

今後の大鶴基成さんの弁護士としての活躍が気になるところです。

 

大鶴基成さんの記事はこちらもよく読まれています!

大鶴基成アイキャッチ
大鶴基成はなぜ地検の検事を辞職したのか?弁護士への転身の理由日産自動車の会長カルロス・ゴーンさんの弁護士を務めることになった大鶴基成さん。 かなりやり手な弁護士として有名な方です。 読...