ニュース・事件

瀬戸健の高校や学歴と経歴、気になる年収がスゴい!実家の両親は?

瀬戸健アイキャッチ

ダイエットで「結果にコミットする」で有名な「ライザップ」社長の瀬戸健(せとたけし)さん。

芸能人を積極的にCMに使って、いまや知らない人はいないほどの会社です。

あと「ビフォー・アフター」のCMは誰もがしていますよね。

 

そして現在は積極的な企業買収を繰り返し、グループ傘下に収めたのはなんと60社以上!

超巨大・健康産業グループになりました。

 

そんなライザップグループの創業者である瀬戸健さんですが、いろいろと気になることが出てきます。

 

「瀬戸健さんってどんな学歴でどんな経歴なんだろう?」

「瀬戸健さんの年収が気になる」

「瀬戸健さんの実家の両親ってなにやっているの?」

 

そうですよね!

これだけ有名なライザップグループを経営している瀬戸健さんについて、学歴とか経歴、年収って気になりますよね。

 

そこで今回は「瀬戸健さんの高校や学歴と経歴、気になる年収」と、「実家の両親は何をやっているのか?」についてお伝えします。

 

この記事を読むことによって、瀬戸健さんのことをもっと詳しく知ることができますよ!

それでは行ってみましょう!

 

瀬戸健の高校や大学の学歴

まず最初に瀬戸健さんの簡単なプロフィールを紹介します。

 

瀬戸健1

 

瀬戸健(せと たけし)

1978年5月1日生まれ

福岡県出身

 

瀬戸健さんは福岡の出身だったんですね。

高校は地元の福岡県北九州市にある福岡県立北筑高等学校に進学。

 

高校時代はあまり勉強をしなかった瀬戸健さん。

学年400人中、399位の成績を取ったこともあるほど落ちこぼれ学生だったということです。

でも「バカは個性!」と言っていたようで、そのキャラクターの良さが今の社長としてのカリスマにもなっているんですね。

 

瀬戸健さんは高校当時つき合っていた彼女がいました。

そのときの彼女は身長152cmに対して体重が70kg!

けっこうぽっちゃり体型でした。

 

そこで瀬戸健さんは彼女と一緒にジョギングをしたり、ダイエットを励ましたりして、彼女が頑張って痩せる姿を応援しました。

その結果、彼女の体型はスリムになりダイエットに大成功!

 

ところがスリムになった彼女は、むちゃくちゃモテるようになってしまい、別の男性と付き合うようになったのです。

とても残念な瀬戸健さんですが、明るく前向きな瀬戸健さんは

「人はがんばれば変わることができるんだ!」

という教訓に変えて、彼女を見返すために猛勉強をして明治大学商学部に合格したのです。

 

スゴいパワーですね!

 

ただその後、明治大学商学部は途中で中退。

会社を経営するために起業家の道を選びました。

 

そして24歳のときに、現在のライザップグループの原点になる健康コーポレーション株式会社を立ち上げたのです。

ちなみに「結果にコミットするダイエット」のライザップの原点は、高校時代の彼女のダイエットのサポートから生まれたと瀬戸健さんは話しています。

 

瀬戸健の経歴と気になる年収がスゴい!

瀬戸健さんは2003年に健康コーポレーション株式会社を設立。

最初のヒット商品は「豆乳クッキーダイエット」の通販です。

当時100億円の売上をあげました。

 

ところが・・・

通販で販売していた「豆乳クッキー」ですが、「豆乳クッキー」という商品名の類似品がたくさん出てきてしまいます。

その結果、あっという間に売り上げはダウン。

一気に資金繰りが苦しくなりました。

 

会社はピンチを迎えて従業員も去っていく中、瀬戸健さんはなんとかピンチを切り抜けます。

 

そしてヒット商品となる第2弾が登場。

美顔器「エステナード」です。

 

当時自宅で使う美顔器と言えば10万円ぐらいする高価なものでした。

それがなんと!たったの980円で販売!

 

そして美顔器を980円で販売する代わりに、専用ジェル2,980円の1年コースを契約してもらうというシステムです。

この商品のヒットによって会社を立直すことができた瀬戸健さん。

ピンチを乗り切ることができました。

 

その後、2012年に「ライザップ」をスタート。

あっという間に事業を拡大し、事業を始めて3年間で売上は100億円に達成!

スゴい勢いでライザップグループは大きくなりました。

 

瀬戸健さんがいままでやってきた「健康」に関する経験が、すべて集まってできたビジネスだったんですね。

 

 

そんな瀬戸健さんの気になる年収はいくらぐらいなのでしょうか?

 

ある雑誌の「年収1億円以上の社長」のリストには出ていなかったので、1億円以下ということになります。

現在ライザップグループの売上は1,000億円以上ありますので、同じぐらいの規模の会社のの社長の年収を考えるとおそらく

 

年収約5,000万円~7,000万円

 

ぐらいでしょう。

 

ちなみに瀬戸健さんは、会社に自分の社長室がありません。

オフィスにある空いている席に座り、スマホでメールや決済事項のチェックをしています。

 

社員や役員との隔たりなく、自然なコミニケーションを取って横の繋がりを大切にしているんですね!

 

瀬戸健の実家の両親は?

ところで瀬戸健さんの実家の両親はどんなことをしているのでしょうか?

ひょっとして瀬戸健さんのような起業家なのでしょうか?

 

じつは瀬戸健さんの実家はパン屋さんです。

 

といってもサラリーマン家庭ではないので、パン屋でも起業家ですね。

ちなみに瀬戸健さんが最初に商品化した「豆乳クッキー」は、はじめのうちは実家のパン屋で焼いてもらっていたそうです!

 

まとめ

瀬戸健さんの高校や学歴と経歴、気になる年収と、実家の両親は何をやっているのか?についてお伝えしました。

高校時代の彼女にフラれたエピソードや、起業してから苦労を乗り越えた話など、なかなか波乱万丈な人生を送っていますね。

 

今まで経験してきたいろいろなことが、今のビジネスの成功に結びついているようです。

今後の瀬戸健さんのご活躍を応援していきたいと思います!