ニュース・事件

渋谷ハチ公の年末大晦日はどこが閉鎖?車両通行規制のエリアは?

渋谷ハチ公アイキャッチ

毎年年末の渋谷のイベントで言えば、渋谷駅ハチ公口前のカウントダウン。

年明けを祝う大勢の人たちで、ハチ公前のスクランブル交差点周辺はとんでもない人ごみになりますね。

 

2018年はハロウィンで渋谷駅周辺が大騒ぎになり、逮捕者も出ました。

年々お祭り騒ぎが激しくなっている中、2019年へのカウントダウンも街が大荒れになるのではないかと心配する声が出ています。

 

そんな中、今年の大晦日の年越しカウントダウンのイベントを控えて、いまから渋谷駅のハチ公口周辺についていろいろな対策がはじまっています。

一つはハチ公口周辺の出入口の一時閉鎖。

もう一つはハチ公口周辺の道路の車両通行規制。

 

「渋谷駅のハチ公口周辺の一時閉鎖はどこなんだろう?」

「渋谷駅のハチ公口周辺の車両通行規制のエリアは?」

「出入口の一時閉鎖の時間帯はいつぐらい?」

 

というように、いまからいろいろと気になることがありますね。

たしかに渋谷駅のハチ公口周辺にカウントダウンに行く人にとってみたら気になりますことですよね。

 

そこで今回は「渋谷ハチ公周辺の年末大晦日の閉鎖の場所と車両通行規制のエリア」についてお伝えします。

 

この記事を読むことによって、年末のカウントダウンの渋谷駅の状況についてくわしく知ることができますよ!

それでは行ってみましょう!

 

渋谷ハチ公の年末大晦日はどこが閉鎖?

毎年年末の大晦日になると渋谷駅ハチ公口周辺は、年明けのカウントダウンに参加する人たちでとんでもない混雑になります。

都内や首都圏の人だけでなく、カウントダウンに参加するためにわざわざ地方からやってくる人もかなり多いです。

 

また日本人だけでなく外国人の人たちも大勢押し寄せて、かなりのお祭り騒ぎに。

 

「Happy! New Year!!」

のおたけびで見知らぬ外人さんと乾杯の雨あられ状態です。

 

そして渋谷駅前のスクランブル交差点では「YOU MAKE SHIBUYA COUNTDOWN 2018-2019」を開催。

一斉に2019年に向けてカウントダウンが行われるんです。

 

なので当然ハチ公口周辺は大混雑!

 

よって渋谷駅ハチ公口は12月31日(月)23時~1日(火)0時20分ごろまで、一部の出入口が閉鎖されてシャッターが降りてしまいます。

実際にJR東日本では、山手線や埼京線、湘南新宿ラインの車内放送などので出入口の閉鎖について事前に告知を実施中。

 

またハチ公口周辺の地上と地下の連絡口も一部閉鎖。

12月31日(月)22時30分~1日(火)1時まで、地下への出入口である「1、2、3、3a、4、5、6、7、7a、8番出口」が閉鎖される予定です。

渋谷ハチ公1(引用:東急渋谷駅広域図)

 

また大晦日の夜の渋谷駅周辺に規制が入るのは、駅の出入口だけではありません。

車両通行にも規制が入ります。

 

つづいては、渋谷ハチ公口周辺の車両通行規制についてお伝えします。

 

渋谷ハチ公の車両通行規制のエリアは?

大晦日の夜のカウントダウンのときは、渋谷ハチ公口周辺は大混雑が予想されるので車両通行規制が入ります。

31日(月)21時~1日(火)2時までは一部のエリアで車両通行ができません。

 

車両通行が規制されるエリアは、スクランブル交差点、道玄坂、文化村通り、井の頭通り、公園通りなどの道路。

渋谷ハチ公2(引用:livedoor news)

 

また車両の通行規制がされるので、31日(月)22時30分~1日(火)1時までは道路が歩行者に開放されます。

やはりそうしないと車両との接触事故が起きてトラブルになってしまいますからね。

また先日の渋谷ハロウィンのような混乱を避けるためにも仕方がありません。

 

まとめ

渋谷ハチ公周辺の年末大晦日の閉鎖の場所と車両通行規制のエリアについてお伝えしました。

ハチ公口周辺の出入口はほぼ閉鎖されてしまうので、早めに渋谷駅に行くかハチ公口以外の出口からスクランブル交差点に出る必要があります。

また車で渋谷駅のハチ公周辺に侵入することはできないので注意が必要です。

ハロウィンのときのような無茶苦茶な騒ぎにならないといいですね。