気になるメディアの情報マガジン

ネタチェック

台風21号

天気

台風21号は大阪にはいつ来るのか?関西上陸の時間と暴風雨の予想

投稿日:2018年9月3日 更新日:

9月3日現在、非常に強い台風21号が、南大東島の東を北北西に時速20キロで自転車並みのスピードで進んでいます。

大阪を中心とした関西地方では、今日3日(月)現在では晴れ模様で、それほど風も強くなく、台風が来る気配がありません。

気温も30度を越す暑さで、まさに9月の残暑といったところです。

 

ただこれが明日4日(火)になると天気は一変して、台風21号による暴風圏内になる予報です。

台風21号はこのまま予報通りの進路を進んでいけば、大阪を中心とした関西地方や東海地方に上陸して直撃する見込みです。

もし関西地方や東海地方に上陸すると、大阪を中心とした関西地方は猛烈な暴風雨に巻き込まれることになります。

 

現在台風21号の中心の最大風速は50m/sで、かなり強力な勢力です。

関西地方に住んでいる方は、台風21号の明日の進路が大変気になるところですね。

台風21号の今後の進路と、大阪にはいつ来るのか?そして関西地方の上陸の時間と暴風雨の予想をお伝えします。

 

台風21号は大阪にはいつ来るのか?関西上陸の時間

台風21号は、3日の朝の時点で南大東島の東約240kmにあり、北北西の方向に時速20kmで進んでいます。

このままいくと大阪を中心とした関西地方には、明日4日(火)のお昼から夕方にかけて台風21号が上陸する見込みです。

朝の出勤時間帯は雨の予報ですが、1時間の予想される降水量は1mm/s。

風速5mなので、おそらく大阪を中心とした関西地方の朝の出勤時間の交通の便に影響が出ることはないでしょう。

 

ただお昼から夕方にかけては、完全に暴風圏内になりますので、間違いなく外出はできませんし、交通の便への影響も出てくると見込まれます。

ですので、朝会社に出勤するときは電車が通常通りの運行だったとしても、昼から夕方にかけて暴風雨に巻き込まれ、帰りの時間帯の交通の状況が混乱していることが予想されます!

ダイヤの乱れは必須ですし、場合によっては電車の運行がストップしている可能性もありますのでご注意ください。

 

台風21号の大阪での暴風雨の予想

台風21号の明日4日(火)の大阪を中心とした関西地方の暴風雨の予想をお伝えします。

こちらはYahoo!の天気予報の3日6時の予報から引用してきたものです。

台風21号大阪

お昼から夕方にかけて暴風雨のピークがありますが、お昼の降水量が1時間に41mmなので、強烈な大雨が予想されます。

また夕方にかけても大雨は続き、15時の時間帯の降水量も1時間に26mmという大雨です。

しかも風速16mなので、雨と風が激しく吹き荒れる状況で、間違いなく外出は危険な状態ですね。

また夜にかけても雨は降り続くうえ、風も強い状態なので、大阪を中心とした関西地方では明日4日(火)は一日中警戒が必要のようです。

くれぐれもご注意ください。

 

台風21号は関西地方では警戒が必要

大阪を中心とした関西地方の台風21号の上陸予想時間と暴風の状況についてお伝えしました。

おそらく明日の朝は会社には行ける状況ではありますが、お昼から夕方にかけてのかなり激しい暴風雨の影響で、JRを中心とした運行ダイヤが乱れるのは必須です。

会社が終わって帰宅する時間帯は、まさにダイヤが乱れたあとの時間になりますので、場合によっては大混乱が予想されます。

最悪の場合は電車が止まってしまって、家に帰ることができないということも可能性としてはありますね。

 

一番の対策としては、今日の夕方に、明日会社に出勤するべきかどうかを会社と確認をして、帰宅難民にならないような手を打っておいた方が良いでしょう。

引き続き台風21号の動きに警戒してください。

関連記事

-天気

Copyright© ネタチェック , 2019 All Rights Reserved.