天気

台風21号が大阪直撃!暴風雨の雨量予想と交通機関の運休は?

台風21号進路

非常に強い勢力の台風21号が、日本列島に近づいてきました。現在種子島の東約180あたりを時速30キロで北上しています。

今日、4日(火)には四国から紀伊半島に接近してそのまま上陸していくような進路をたどっています。

 

おそらくこのまま上陸すると、四国、近畿、北陸地方を中心に猛烈な風を伴った暴風雨となる見込みです。なので大阪を中心とした関西地方は台風直撃ということになるので、暴風と大雨による被害には厳重な警戒が必要となります。

今回は4日(火)の台風21号による大阪の暴風雨、雨量予想、そして交通機関の運休状況についてお伝えします。

 

台風21号が大阪直撃!

今年最強の勢力と言われている台風21号は、時速30キロのスピードで日本列島に近づいてきています。このまま行くと大阪を中心とした関西地方は本日(4日)の日中に直撃する模様です。

大阪に直撃するのは、昼前から夕方にかけての時間帯。

今日の大阪は台風21号の影響をモロに受けるので、一日中自宅待機という選択肢が無難のようですね。

台風21号警戒が必要な時間帯

 

日本気象協会が発表した台風情報では、大阪市が暴風雨に入る確率は次の通りです。

  • 9時~12時で92%
  • 12時~15時で100%
  • 15時~18時で99%

こんな状況なので、大阪はほぼ一日暴風雨の圏内に入ってしまいます。

 

台風21号の暴風雨の雨量予想

台風21号の暴風雨による雨量予想ですが、大阪ではだいぶ強烈な雨が降りそうです。

こちらの大阪の今日(4日)の天気予報をご覧ください。

台風21号大阪天気

3時間おきの降水量と風向き・風速を示しています。これを見る限り雨のピークはちょうどお昼時のようで、予想される雨量は1時間に23mmという猛烈に強い雨が降る模様です。

さらに暴風雨に伴う強烈な風は午後にピークがあり、天気予報では15時前後に風速14m/sという強烈な風が吹き荒れる予報が出ています。

 

猛烈に強い雨に強烈に吹き荒れる暴風が伴うので、日中の外出は大変危険ですので控えた方が良いでしょう。落下物が飛んでくる可能性もありますし、暴風による転倒の危険もありますので注意してください。

 

台風21号の影響による交通機関の運休は?

台風21号の影響によって大阪エリアの交通機関にはかなり大きな影響が出る見込みです。

4日の朝5時の時点では、JRをはじめとした各種私鉄は平常通り運行されていますが、大阪エリアはお昼から暴風雨圏内に入るので、かなりの交通機関で運休になるでしょう。

 

JR西日本による大阪エリアの主な路線の運行状況の発表は次の通りです。

  • 大阪環状線は4日10:30頃から本数を減らしての運転で、12:00頃から運休の予定
  • JR京都線は4日9:00頃から本数を減らしての運転で、12:00頃から運休の予定
  • JR神戸線は4日8:30頃から本数を減らしての運転で、12:00頃から運休の予定

JRだけでなく私鉄の路線も、お昼から運休になる見込みのようです。

 

また運休になった後、運行が再開される時間が全く読めないので、今日は会社に出勤してしまうと、仕事が終わった後に家に帰れるかどうか分からない状態になってしまいます。

大阪エリアではすでに昨日3日の時点で、休業を決める企業が多く出ましたが、やはり今日は会社に出勤せずに自宅待機するのが無難なようです。

 

台風21号の大阪直撃の影響による暴風雨の雨量予想と交通機関の運休についてお伝えしました。

今年最強の勢力の台風なので、不用意な外出は避けるように十分注意した方が良いですね。