気になるメディアの情報マガジン

ネタチェック

台風21号進路

天気

台風21号による東京の暴風雨はいつ?雨量予想と交通機関の影響

投稿日:2018年9月4日 更新日:

今年最大級と言われている非常に強い勢力の台風21号が、日本列島に近づいてきました。現在種子島の東約180あたりを時速30キロで北上している模様です。

今日、4日(火)には四国から紀伊半島に接近してそのまま上陸していくような進路をたどっています。

 

おそらくこのまま行くと上陸して直撃となるエリアは、四国、近畿、北陸地方ですが、今回の台風21号は非常に強力なので東京中心とした関東地方でも猛烈な雨と風になる見込みです。

なので関西地方だけでなく、東京を中心とした関東地方でも、暴風と大雨による被害には厳重な警戒が必要となります。

 

今回は今日4日(火)の台風21号による東京の暴風雨、雨量予想、そして交通機関の運休状況についてお伝えします。

 

台風21号による東京の暴風雨はいつごろ?

台風21号の影響で、東京はかなり強い風が吹き荒れる予報です。ただ雨については、それほど強烈な大雨が降る予報は出ていません。

一部朝方に強い雨が降る予報が出ていますが、日中の降水量はそれほど多くはならないでしょう。

 

こちらは東京の今日(4日)の天気予報です

台風21号東京天気

こちらは3時間おきの降水量と風向き・風速を示しています。これを見る限り、東京を中心とした関東地方で影響を一番受けるのは夕方から夜にかけての時間帯ですね。

といっても夕方に予想される雨量は1時間に0mmなので、強い雨が降ることはなさそうです。

 

ただ夕方から夜にかけては風がかなり強くなる予報が出ており、天気予報では18時前後に風速14m/sという強烈な風が吹き荒れる予報が出ています。

東京は台風が直撃するわけではないので大雨の心配はありませんが、強烈な風が吹き荒れるので、夕方から夜にかけての外出は注意が必要ですね。

強い風によって落下物が飛んでくる可能性もありますし、暴風による転倒の危険もありますので注意してください。

 

台風21号による雨量予想

台風21号による雨量予想は、朝一の6時前後に1時間に7mmの雨が予想される程度です。朝の一時的な雨の時間帯を過ぎれば、日中に雨でズブ濡れになることはないでしょう。

ひょっとしたらお昼の時間帯や、会社からの帰宅時間でも傘を差す必要がないかもしれません。むしろ夜の時間帯は風がかなり強くなるので無理に傘を差すと傘を壊してしまう可能性がありますので注意してください。

 

台風21号による交通機関への影響

台風21号による東京エリアの交通機関への影響をお伝えします。

4日(火)の朝の時点では、JRをはじめとした各種私鉄はすべて平常通り運転しています。特に台風の影響を受けず始発からしっかり動いているので安心してください。

また日中から夕方にかけて風がかなり強く吹く予報ですが、台風による影響がこの程度でしたら、おそらく東京の交通機関は平常通りの運転になると思われます。

 

台風の状況が心配されましたが、交通機関は平常通り動いていますので、いつも通り会社に出社しても、心配なく帰宅することができそうです。

とはいうものの夕方から夜にかけてはかなり風が強くなりますので、落下物や転倒には十分ご注意くださいね!

関連記事

-天気

Copyright© ネタチェック , 2019 All Rights Reserved.