天気

台風24号の最新の進路予想と関東・東京への影響

台風24号進路東京関東アイキャッチ

非常に強い勢力をもつ台風24号が、沖縄の南の海上をゆっくりと北西の方向に進んでいます。

このまま沖縄に接近した後、東の方向へ転換し、そのまま九州方面にスピードを徐々に上げながら近づいてくる見込みです。

そして東京を中心とした関東地方には、30日の午後に接近してくるでしょう。

 

「東京に最も台風の影響が出るのはいつ頃なんだろう?」

「週末の土日は東京の交通機関は大丈夫なのかな?」

「週明けの1日(月)の朝も台風の影響が残っているのかな?」

といろいろ台風の影響を心配してしまいます。

 

たしかに台風の影響で、せっかくの日曜日が「丸一日暴風雨」ではたまりませんよね。

しかもつぎの日の1日(月)も台風による雨風が残っていたら、朝の通勤時間の交通機関にもろに影響が出てしまいます。

 

そこで今回は台風24号の最新の進路予想と関東・東京への影響についてお伝えします。

この記事を読んで、東京を中心とした関東地方における「30日(日)午後~1日(月)午前」の台風24号による影響を把握してください。

 

台風24号の最新の進路予想

台風24号は現在、沖縄の南の海上で停滞していますが、明日29日(土)には非常に強い勢力を保ったまま、沖縄に最接近する予報です。

 

台風24号進路東京関東

 

そして沖縄を通過した後、30日(日)には西日本に上陸し、そのまま日本列島を横断する進路を取りそうです。

30日(日)は、九州→中国・四国→近畿・東海→関東地方と丸一日かけて移動していく見込みです。

 

この台風24号の特徴はつぎの通り。

  • 沖縄の南の海上にいる間は、かなり動きが遅く、暴風雨の影響を長時間受けてしまう。
  • 沖縄を抜けた後は、東寄りに向きを変えて移動速度が早まる。
  • 台風の移動速度が早まるにつれて、勢力が再び強くなる。
  • 台風が北東へ移動するにつれて、前線も一緒に北上して台風が近づく前から雨が強まる。

なので台風が近づく前から大雨の模様となり、さらにその後に台風が接近してきて本格的な暴風雨となるパターンです。

 

台風24号の関東・東京への影響

台風24号の東京を中心とした関東地方の影響を見てみましょう。

東京に台風24号が接近するのは30日(日)午後から1日(月)の明け方です。

 

つぎの画像は、各地方の暴風雨による警戒が必要な時間帯を示したもの。

 

台風24号進路東京関東時間帯

 

東京を中心とした関東地方では、30日(日)の午前中から大雨となり、午後には暴風雨となります

そして台風による暴風雨は、30日の夜から1日の朝まで続く予報です。

 

なので30日の夕方以降は、東京を中心とした首都圏の交通機関が機能しなくなる可能性が高いですね。

新幹線だけでなく、在来線にも影響が出るかもしれません。

 

また週明けの1日(月)の朝にも台風の影響は残っているので、朝の通勤時間の交通にも影響が出てきそうです。

場合によっては台風の影響を受けて、1日の午前中いっぱい首都圏の交通機関は運転規制や運休の状態になってしまうかもしれないですね。

 

まとめ

台風24号の最新の進路予想と関東・東京への影響をお伝えしました。

東京中心とした関東地方に最も台風24号が接近するのは30日の午後から1日にかけてです。

今回の台風は非常に強い勢力を保ったまま日本列島横断していきますので、各地での被害が懸念されます。

 

特に暴風雨のピークが30日の夜になるので、停電になった場合は明かりがない状態になるので、あらかじめ懐中電灯を用意しておいた方が良いかもしれません。

スマホの充電もしておいた方が、いざというとき役に立ちますね。

30日は安全のため外出を控えた方がよいので、明日29日のうちに必要な用事は済ませておいた方が良いですよ!