天気

台風25号の関東直撃の可能性は?週末の3連休に首都圏は暴風雨か?

台風25号暴風雨

台風24号が過ぎ去ったかと思ったら、つぎは台風25号が徐々に接近してきました。

まだ沖縄の南の海上ですが、このままの予想進路では沖縄を通過した後、東寄りに進路方向が変わりそうです。

 

4日(水)~5日(木)にかけて沖縄に最接近して、沖縄地方は暴風雨に巻き込まれるでしょう。

 

当初はこのまま西寄りの方向へ進み、九州・本州へは来ない可能性もあったのですが、台風24号と同様に東寄りに方向を変えてきそうです。

 

ということは台風24号と同様に関東地方にも直撃の可能性があるのでしょうか?

いまから週末の3連休が心配ですね。

 

「台風25号はどんな予想進路を通るのだろうか?」

「関東地方はどれぐらい影響があるの?」

「週末の3連休の予定はどうしたらいいんだろう?」

という感じで、台風25号の今後の動きが気になります。

 

たしかに先週末に台風24号の直撃を受けたばかりなので、また今週末に台風が来るとなると2週連続で暴風雨です。

ちょっとシャレにならないですよね。

しかも今度は3連休。

 

運動会やレジャーなど、いろいろと予定があるかと思います。

 

そこで今回は、台風25号の関東直撃の可能性についてお伝えします。

また、週末の3連休の首都圏の天気についても紹介しますね。

 

この記事を読んで、週末の予定を立てるのに参考にしてください。

 

台風25号の関東直撃の可能性

まずは台風25号の進路予想をご覧ください。

 

台風25号予想進路15時

(引用:tenki.jp)

 

沖縄を通過した6日(土)あたりから急激に進路を東寄りに変えていきます。

 

10月3日(火)3時現在の台風25号のデータです。

 

台風25号

  • 大きさ階級 大型
  • 強さ 猛烈な
  • 移動 北西20 km/h
  • 中心気圧 915 hPa
  • 最大風速 55 m/s (中心付近)
  • 最大瞬間風速 75 m/s

 

最大風速が50m/sを超えているので、台風24号並みにかなり強烈な風が吹き荒れますね。

 

気になる関東地方に直撃するかどうかですが、可能性があるとしたら7日(日)。

進路予想図の7日(日)を見ると、予想される中心円に関東地方が入っています。

 

ただこの中心円はいまの段階での予想であって、確実なものではありません。

「台風の中心が予報円に入る確率は70%です」

という記載の通り、現段階ではあくまでも可能性の話になります。

 

なので直撃するかどうかははっきりしませんが、台風接近による影響がでることは間違いなさそうです。

 

台風25号で週末の3連休に首都圏は暴風雨か?

台風25号が関東地方に近づいてくることで一番気になるのは3連休の天気はどうなるのか?ということですね。

 

万が一このまま日本列島を横断するとなると、沖縄を通り過ぎた後、九州、中国・四国、近畿、東海、関東地方と移動してきます。

この場合、関東地方に最接近するのは7日(日)。

 

ただ前回の台風24号に比べると、若干西寄りに日本列島を横断していく確率が高いので、首都圏よりやや日本海側寄りに台風が通過していく可能性があります。

なので台風24号ほどの暴風雨にはならないかもしれません。

 

とはいうものの、これはいまの段階での進路予想なので、明日、あさっての予想では状況が変わっているかもしれません。

また日本海寄りに台風が移動していく場合は、進路の右側にある首都圏は雨風が強まりやすい傾向があるので、その点は注意が必要です。

 

もし週末に確実にどこかへ出かけたりイベントの予定を立てるなら、8日(月)が一番安全でしょう。

 

最後に参考までに、台風25号の世界の予想モデルです。

 

台風25号世界の予想モデル

(引用:ウェザーニュース)

 

まとめ

台風25号の関東直撃の可能性と、週末の3連休の首都圏の天気についてお伝えしました。

せっかくの3連休なので、できれば晴れてほしいですよね。

しかも先週末の台風24号のせいで、今週末に予定をずらした人も多いはず。

また台風が来てしまうとスケジュールを立てることができません。

 

台風25号が今後どんな動きをしていくのか、最新情報が入りましたらまたお伝えいたします。