ニュース・事件

安田純平はいつからなぜシリアに?韓国人ウマルを名乗った理由は?

安田純平アイキャッチ

シリアで拘束されていたフリージャーナリストの安田純平さん(44)が解放された可能性が高いというニュースが10月23日の深夜にありました。

菅官房長官が、首相官邸で緊急の記者会見を開いて報告。

安田純平さんは早ければ同日中に解放される見通しだと、カタール政府から日本政府に連絡があったとのことです。

 

安田純平さんはシリアの隣にあるトルコに入国。

現在はトルコの入国管理施設で安否が確認されています。

 

菅官房長官は

「情報を総合すれば、安田さん本人である可能性が高い」

と記者会見では話していて、トルコに在住している日本大使館の職員がトルコの入管施設に向かっているということです。

 

安田純平さんの健康状態など詳細は不明だけど、本人の身柄は無事という説明。

 

とりあえず身柄が解放されて、日本に帰国できる可能性が高くなった安田純平さん。

でもいろいろと疑問が出てきます。

 

「なんでそんな危険な国シリアにわざわざ行ったの?」

「いつからシリアに行っていたのか?」

「どうやら韓国人“ウマル”って名乗っていたらしいけどなんで?」

という感じでネット上には安田純平さんの話題がたくさん出ていました。

 

たしかにシリアと言えば内戦が続いているとても危険な国。

いつから、なんでそんな国に安田純平さんは行ったのでしょうかね。

あと現地で自分のことを韓国人“ウマル”と名乗っていたようですが、その理由もよくわからないですよね。

 

そこで今回は「安田純平さんはいつからなぜシリアに行ったのか?」についてお伝えします。

また韓国人“ウマル”を名乗った理由についてもお伝えしますね。

 

この記事を読むことで、安田純平さんの行動について詳しく知ることができますよ。

 

それでは行ってみましょう!

 

安田純平はいつからなぜシリアに行ったのか?

安田純平さんがシリアに行ったのは2015年6月。

いまから3年前の話です。

 

隣国のトルコから国境を越えて自らシリアに入国。

その後、安田純平さんはすぐに地元の武装組織に身柄を拘束されてしまい、行方不明となりました。

つまり安田純平さんは、シリアですでに3年間も拘束されている状態だったんです。

 


 

行方がわからなくなった安田純平さんですが、シリア側からたびたび安田純平さんと見られる動画や画像が公開されています。

 

でもなぜこのような危険な場所に、安田純平さんは自ら入国したのでしょうか?

命を落としてもおかしくないですよね。

 

安田純平さんがこんな危険な場所に足を運んだ理由は・・・

「シリア内戦について伝えたかった」という一心。

 

以前、安田純平さんは

「凄まじい空爆、砲撃」

「毎日、無差別攻撃だ」

と伝え、激戦の最前線で取材をしています。

 

現地の悲惨な状況を伝えたかったのでしょう。

 

ちなみに安田純平さんのリポートは、TBS「報道特集」でも大きくとりあげられたこともあります。

 

安田純平が韓国人ウマルを名乗った理由

安田純平さんには謎が一つあります。

それは現地で自ら「韓国人」と語り、名前を“ウマル”と名乗っていたことです。

 


拘束されていたときに公開された映像にも

「私の名前はウマル。韓国人です」

と安田純平さんは自ら話しています。

 

なぜなんでしょうか?

 

考えられる理由の一つは、拘束しているグループによる何者かへの「暗号」だったのではないかという説。

この場合、安田純平さん強制的に「私の名前はウマル。韓国人です」と言わされた可能性が高いです。

 

もう一つ考えられるのは、拘束していたグループに“ウマル”という名前を付けられた可能性。

「ウマル」とはイスラム国家の指導者にいた名前で、誰かにつけられた可能性もあるということです。

 

ただいずれにしても、「なぜ韓国人」と名乗ったのかはハッキリしていません。

この辺りの情報は、安田純平さんご本人が日本に帰ってきた後に明らかになっていくでしょう。

 

まとめ

安田純平さんはいつからなぜシリアに行ったのか?についてお伝えしました。

また韓国人“ウマル”を名乗った理由についてもお伝えしました。

いろいろと推測の域の話もあるので、正確な情報は安田純平さんが帰国してから明らかになっていくはずです。

 

いずれにしても3年越しで解放された安田純平さん。

無事に日本に帰国してくることを見守っていきたいと思います。