芸能・音楽

吉澤ひとみの義母が文春への新証言の後に睡眠薬で自殺未遂!

吉澤ひとみの義母の証言

飲酒運転、ひき逃げ事故で逮捕された元モーニング娘の吉澤ひとみ(33)。

「お酒を飲んでいたのは午後8時から午前0時まで」

「缶チューハイを3缶だけ」

「自転車と衝突したとき、車を止めるスペースがなかった」

など、警察の取り調べによる「吉澤ひとみの証言だけ」が、捜査のキーになっていました。

 

ところが取り調べが進むにつれ、様々な事実が出てきています。

一つはドライブレコーダーによるひき逃げの瞬間の映像動画。

 

 

この動画が公開された事によって、吉澤ひとみの「ひき逃げの事実」は決定的なものになってしまいましたね。

 

さらに警察に捕まったときのアルコール値の検査では、基準値の4倍以上の0.58ミリが検出。

0.55ミリを越えると、千鳥足の状態だといわれています。

どう考えても「午後8時から午前0時までの間に缶チューハイ3缶」という証言には無理がありますね。

 

こんな感じで吉澤ひとみの「苦しまぎれの証言」がつづいてる中、ついに吉澤ひとみの義母が口を開きました。

旦那であるIT社長の母親です。

そして吉澤ひとみの義母が、今回の事件について一連の告白をした相手は週刊文春。

 

吉澤ひとみ週刊文集

 

「吉澤ひとみの義母は、週刊文春にどんな新しい証言をしたのか?」

「吉澤ひとみが事故の直後に旦那とやりとりしていたことを、義母が話したらしい」

「週刊文春の取材の後に、義母さんは自殺未遂をしたってホント?」

というように、最後は義母の自殺未遂まで話が発展してしまったようです。

 

ますます吉澤ひとみ1人の問題じゃなくなってきましたね。

旦那はもちろんのこと、義母まで自殺未遂に追い込まれるって・・・完全に家族崩壊の危機に来ていますね。

それに週刊文春の取材では、義母がどんなことを答えたのか気になります。

 

そこで今回は、吉澤ひとみの義母が週刊文春の取材に対して、どんな証言をしたのか紹介したいと思います。

そして週刊文春の取材の後に、義母が自殺未遂をしてしまった事実についてもお伝えしますね。

 

この記事を読んで、吉澤ひとみの飲酒運転、ひき逃げ事件の一連の話の真相を知ってください。

 

吉澤ひとみの義母が週刊文春へ新証言

吉澤ひとみの義母(72)、つまり旦那の母親。

吉澤ひとみの旦那は、吉澤ひとみより9歳年上でIT会社の社長。

その旦那が母親である「吉澤ひとみの義母」に、事故についていろいろと話していたのです。

 

そして週刊文春の取材に対して、義母が事故の日のことについていろいろと証言しました。

義母の証言をまとめるとつぎのようになります。

 

義母の証言①

  1. 事後の前日の夜、旦那は吉澤ひとみと一緒に夜8時からお酒を飲んでいた。
  2. 二人とも次の日早いことは分かっていたけど、午前0時ぐらいまでついつい飲んでしまった。
  3. 次の日の朝、遅刻ギリギリの時間に起きたので、家を飛び出して車で仕事に向かった。
  4. なのでその日は旦那が子供を保育園に連れて行った。

 

ここまでが事故が起きる前の2人のやりとりの証言です。

 

ここからは事故が起きたあとの2のやりとりの証言を紹介します。

 

義母の証言②

  1. 事故を起こした後、吉澤ひとみは旦那に電話をした。
  2. 旦那は「すぐに110番しろ」と吉澤ひとみに伝えた。
  3. 「それで現場に戻れ」と吉澤ひとみに指示を出した。
  4. 「俺も現場に行く」と旦那は吉澤ひとみに伝えた。

 

以上が吉澤ひとみの義母による証言の要約です。

かなり生々しいやりとりが、週刊文春の取材によって明らかになりました。

 

さらに吉澤ひとみの義母は、最後に涙を浮かべながらつぎのように話しています。

 

(吉澤ひとみの親から)申し訳ございませんとご連絡をいただきました。

私は、こちらも息子がいながら申し訳ありませんとお伝えしました。

息子には「あなたがついていながら何やってるの、何でタクシーに乗せなかったの」って叱りました。

 

以上、週刊文春(9月20日号)に掲載された義母の証言でした。

 

吉澤ひとみの義母が証言の後に睡眠薬で自殺未遂

吉澤ひとみの義母は、今回の事件について前日の夜から当日の朝の様子まで証言をしました。

ところがそのあと・・・義母は自殺未遂をしたのです。

 

大量の睡眠薬を服用して自殺を図りましたが、幸い救急車で搬送されて命は助かりました。

ただ服用した睡眠薬の量は、致死量に近かったようです。

 

自殺をしようとした理由は

  • 今回の飲酒運転、ひき逃げ事件による騒動への責任を感じてしまったこと。
  • そして吉澤ひとみが育児に悩んでいることに手助けをできなかったこと。

の2つのようです。

これらの責任を重く感じて思いつめてしまったのでしょう。

 

 

https://twitter.com/yuuri_like/status/1041236463789076480

 

もしこれで義母が命を落としていたら、さらに悲しい出来事が増えてしまうところでした。

 

まとめ

週刊文春の取材に対して、吉澤ひとみの義母が証言した内容についてお伝えしました。

 

吉澤ひとみと義母は大変仲が良かったようです。

吉澤ひとみが結婚した時も「お義母さんの娘になれて嬉しい」と義母に言っています。

義母も週刊文春の取材に対して最後にこう話しました。

「吉澤ひとみが償って戻ってきたら、私たちは温かく迎えます」

 

吉澤ひとみの飲酒運転、ひき逃げ事件は、家族にも大きな影響を与えましたね。

義母だけでなく旦那に対しても、そして残された3歳の息子に対してもツライ思いをさせてしまいました。

今後、吉澤ひとみはますます厳しい状況に追い込まれてしまいますね。