気になるメディアの情報マガジン

ネタチェック

吉澤ひとみの身柄拘束延長

芸能・音楽

吉澤ひとみがウソの供述で身柄拘束延長!取り調べ・釈放はいつまで?

投稿日:2018年9月18日 更新日:

吉澤ひとみが飲酒運転、ひき逃げ事故を起こして逮捕されたのが9月6日。

その次の日の9月7日に身柄を送検され、当初は10日間の取り調べを予定していました。

ところが、東京地検は17日にさらに最大10日間の身柄拘束の延長を決めたのです。

 

理由は取り調べを受けている吉澤ひとみの供述があいまいなだけでなく、ウソの供述が多いためです。

現場にいた目撃者の情報やドライブレコーダーの映像と、「吉澤ひとみの話」にかなり違う点が多いんですね。

 

実際に取り調べに対しても

  • ウソの供述が多い
  • 都合が悪い質問には完全に黙りこむ
  • 最後は泣き出す

という感じで警察がかなり手を焼いています。

 

結局なかなか真実を話さない吉澤ひとみに対して、今回「身柄の拘束延長」が決定しました。

 

吉澤ひとみショート画像15

 

「吉澤ひとみは取り調べに対して、どんなウソの供述をしているんだ?」

「身柄の拘束延長って、釈放はいつになるの?」

「吉澤ひとみは逮捕されたとき、ふてくされていたってホント?」

という感じで、今回「身柄の拘束延長」でいろいろな疑問や新たな事実が出てきています。

 

そうですよね。

吉澤ひとみがいつまでもウソの供述をしていたら、取り調べは終わらないですよね。

身柄の拘束延長は最大10日間になっていますが、その先はどうなってしまうのでしょうか?

 

今回は、吉澤ひとみのウソの供述による身柄の拘束延長に関するつぎのような話題をお伝えします。

  • 取り調べ・釈放はいつまでなのか?
  • 逮捕された瞬間や、その後の取り調べでの吉澤ひとみの態度はどんな感じなのか?

 

この記事を読むことで、吉澤ひとみの状況がますます厳しくなってしまったことがわかります。

吉澤ひとみのファンの方も、そうでない方も身柄の拘束延長になった理由を読んでみてください。

 

吉澤ひとみがウソの供述で身柄拘束延長

吉澤ひとみのウソの供述は、これまでにも何度か話題にあがっていました。

ウソの供述は主につぎの2つ。

  1. 「前日の午後8時から午前0時まで缶チューハイを3缶しか飲んでいない」
  2. 「車が路肩にたくさん止まっていて、停止することができなかった」

 

すでにこの2つの供述については完全に「ウソ」が立証されつつありますね。

 

午後8時から午前0時まで缶チューハイを3缶

事故を起こした後の吉澤ひとみの呼気検査では、0.58ミリのアルコール値が検出されています。

これは基準値0.15ミリの約4倍。

通常0.55ミリを越えると「千鳥足になる」と言われているので、どう考えても「午後8時から午前0時まで缶チューハイを3缶だけ飲んだ」というのはおかしいですね。

 

警察側も当初からこの供述をかなり疑っています。

吉澤ひとみの家のコップを押収したりして、この話の信憑性を慎重に捜査しています。

実際に吉澤ひとみは「じつはもうちょっと飲んだかもしれない・・・」という感じに供述を変えてきているので、ますます警察も吉澤ひとみの供述が信じられないわけです。

 

車が路肩にたくさん止まっていた

吉澤ひとみが「なぜ自転車をひいた後に、現場を立ち去ってしまったのか?」という質問については

  • 「車が路肩にたくさん止まっていて、停車できなかった」
  • 「車の流れがあって止められなかった」
  • 「逃げるつもりは全くなかった」

というように供述しています。

 

ところがそのあと、赤信号で止まっていた隣の車のドライブレコーダーの映像が公開され、この供述はウソであったことがわかってしまったんです。

 

吉澤ひとみが自転車をひいた瞬間の映像動画はこちら。

 

 

自転車を引いた後、車を止めるどころか、完全に逃げてしまいましたね。

しかもつぎの信号で吉澤ひとみの車が止まった時に、事故現場にいた一般の人から「現場に戻れ!」と注意されたにも関わらず、それを振り切って行ってしまいました。

 

このドライブレコーダーの映像と現場にいた人たちからの証言で、吉澤ひとみの供述は完全に信用されなくなってしまったようです。

その結果、東京地検は吉澤ひとみに対してさらに最大10日間の身柄の拘束延長を決めたわけですね。

 

吉澤ひとみの取り調べ・釈放はいつまで?

吉澤ひとみが逮捕されたのが9月6日で、身柄送検されたのが9月7日。

そして身柄が拘束されるのは、当初は9月16日までの予定でした。

 

ただウソの供述があったり、あいまいな供述が多いので、さらに10日間の拘束が決定。

法律的には「勾留」と呼んでいますが、いわゆる身柄拘束の延長ですね。

 

吉澤ひとみショート画像16

 

東京地検は、17日からさらに最大10日間の延長を決めたので、遅くても27日には吉澤ひとみはいったん釈放される予定です。

 

そうすると吉澤ひとみは約20日間、警察からの取り調べを毎日受けることになりますね。

やってしまったので仕方がありませんが、この精神的なストレスはハンパないと思います。

 

決定的なのは吉澤ひとみの態度

吉澤ひとみは、なぜこんなにも長い間拘束されてしまうのでしょうか?

というか、なぜ本当の事を早く話さないのでしょうか?

ウソの供述を続ければ続けるほど、自分自身が不利になるだけですよね。

 

吉澤ひとみの身柄が長い間拘束されている理由の一つに「吉澤ひとみの態度」があげられています。

関係者の話では、どうやら吉澤ひとみの態度にあまり反省の色が感じられないようです。

 

まず事故現場に警察が来た時に、吉澤ひとみに「反省の色がない」と思われてしまった原因はつぎの通り。

 

吉澤ひとみに反省の色がないと思われてしまった原因

  • 吉澤ひとみが警察に連絡して、現場に警察が来た時も「かなりふてくされた態度」を取っていた。
  • 「向こうが信号無視をした。軽くぶつかっただけ」と言い訳を繰り返していた。
  • 「私は芸能人で急いでいる」と警察に訴えた。
  • 「仕事に間に合わなくなったらウン千万円の損害になる」と仕事に間に合わなくなることを警察のせいにしようとした。

 

さらに逮捕された後の取り調べに対しても

  • 都合の悪い質問には黙り込み
  • 答えたくないときは泣き出す

という状況で「なかなか厄介だ」と捜査員はもらしています。

 

吉澤ひとみショート画像11

 

警察側は、前日の酒が残っているのに何のためらいもなく車を運転したことで「飲酒運転の常習犯」と確信しています。

ただ取り調べがこんな状況なので、なかなか捜査が進まないようですね。

 

まとめ

吉澤ひとみがウソの供述で身柄の拘束が延長された話をお伝えしました。

取り調べはさらに強化され、最長で27日まで勾留されてしまいます。

釈放まではまだまだかかりそうです。

 

こんな状態では仮に釈放されたとしても芸能界への復帰は難しいですし、マスコミ追い回されるのは必須です。

さらに穴を開けてしまった仕事への違約金や損害賠償の支払い請求もシャレになりません。

 

警察で取り調べを受け続けるのもしんどいし、釈放されてもしんどい日々が待っている・・・。

吉澤ひとみの一瞬の気の緩みが、一生を左右する出来ごとになってしまいました。

関連記事

-芸能・音楽

Copyright© ネタチェック , 2019 All Rights Reserved.