飯田怜選手アイキャッチ

スポーツ

飯田怜選手はなぜ走れなかった?四つん這いの理由・原因はケガ・骨折?

更新日:

10月21日に福岡県で開催された「プリンセス駅伝」でとんでもないハプニングが起きました。

第二地区を走っていた走者が突然走れなくなって、四つん這いになって進み出したんです!

その四つん這いで進んだ選手は、岩谷産業の飯田怜選手。

 

飯田怜選手は突然走れなくなってしまったんですが、苦しい表情をしながら、執念でつぎの走者にタスキをつなぐために四つん這いで進みます。

ケガによるアクシデントの発生です。

でも飯田怜選手はあきらめずに四つん這いで歩み続けました。

 

結局、つぎの走者までの200メートルほどの距離を四つん這いで進んだため、ひざは血まみれ。

とんでもない光景が生中継で放送されました。

 

この中継を見ていた人やあとからニュースを見た人は

「飯田怜選手の姿を見ていられなかった」

「飯田怜選手の四つん這いの姿に泣けてしまった」

「なんで飯田怜選手は走ることができなかったんだろう?」

という声がSNSやネットでたくさんあがっていました。

 

そうですよね。

駅伝の選手がひざを血まみれにして、四つん這いでタスキをつなぐ姿なんて見たことないですよね。

しかも四つん這いになるほどの状態ってかなりケガの状態は悪そうです。

 

そこで今回は「飯田怜選手はなぜ走れなくなってしまったのか?」についてお伝えします。

四つん這いの理由・原因はケガだったんでしょうか?

 

この記事を読むことで、飯田怜選手が走れなくなった原因の真相がわかりますよ!

 

それでは行ってみましょう!

 

 

飯田怜選手は四つん這いで膝から出血してタスキをつなぐ

今回のプリンセス駅伝で走れなくなって地面を四つん這いで進んだ飯田怜選手。

プリンセス駅伝は初出場だったようです。

 

飯田怜選手プロフィール

 

岩谷産業所属で入社は2018年なので、去年までは高校生だった選手でまだ若いですね。

出身は熊本県でルーテル学院高校卒業。

 

飯田怜選手はひざから血をたらしながら、根性でタスキを次の選手へつなぎました。

走れなくなって四つん這いになってしまったのは、第2中継所の「勝浦浜」の200メートル以上手前の地点。

 

飯田怜選手

 

飯田怜選手の突然の四つん這いに騒然とします。

箱根駅伝とかと違って監督が常に走者に寄り添っているわけではないので、飯田怜選手は止められることなく四つん這いを続けました。

まわりにいたのも運営スタッフだけだったので、飯田怜選手は四つん這いを続けます。

 

飯田怜選手が必死に四つん這いをしている姿がテレビ中継されました。

膝から血を流し、根性で進む姿に誰もが心を打たれたのです。

 

 

 

 

 


Twitter上では、飯田選手の懸命な姿に対して、

「凄まじい根性と精神力」

「すごい執念を見た」

「涙が止まらない」

とエールを送る声が続出している。

 

その必死な姿に「がんばれ、飯田!」とTV中継のアナウンサーも声援を送っていました。

 

 

結局、飯田怜選手は200mほどの距離を四つん這いで進みきり、つぎの走者へタスキをつなぎました。

飯田怜選手の両膝はすりむかれて血で真っ赤に。

 

飯田怜選手2

 

そして飯田怜選手からタスキを受け取る第3区の今田麻里絵選手は、涙をぬぐいながらタスキを受け取ったのです。

 

プリンセス駅伝でこんな感動の場面があったのですが、飯田怜選手はなんでこんな状態になってしまったんでしょうか?

駅伝のランナーが四つん這いになってしまうなんて、よっぽど何か大きなアクシデントがあったはずですよね。

 

つづいて飯田怜選手が走れなくなってしまった理由・原因についてお伝えします。

 

飯田怜選手はなぜ走れなかったかの理由・原因はケガ?

飯田怜選手が走れなくなった原因は、ズバリ!・・・レース中に転倒したことによる右脛骨の骨折でした。

 

第2区走者の飯田怜選手は、第3区への残り240m付近で転倒しました。

 

そのときに右脛骨を折ってしまったんです。

ちなみに「脛骨」とは脚のこの部分の骨。

右脛骨

 

脚のメイン柱となる骨ですよね。

これが折れたらたしかに走れません。

 

 

もともと体調不良だった飯田怜選手。

走っている途中に足元がふらついてしまい、そのまま転倒。

そのときに脚の骨を折ってしまいました。

 

そしてこの状態。

 

飯田怜選手3

 

まさに根性ですね。

 

飯田怜選手はレース後に病院へ行き、右脛骨の骨折で全治3~4カ月と診断されました。

よくそんな状態で200mも四つん這いでレースを続けていましたね。

かなりの激痛だったはずです。

 

レース直後は、けがが再発したのでは?とか、転んだ時の傷が大きかったのでは?というような憶測がありました。

でもじつは最悪の事態である右脛骨の骨折。

本人も「これはヤバい」っていう認識はあったはずです。

 

そんな中、なんとかタスキをつぎの走者に渡すために諦めなかった姿にみんなが涙しました。

 

 

まとめ

プリンセス駅伝で、飯田怜選手はなぜ走れなくなってしまったのか?についてお伝えしました。

四つん這いになってしまった原因は、レース中の転倒による右脛骨の骨折だったんですね。

 

まだ高校を卒業したばかりで将来のある選手ですから、今後は無理せずに体を大事にしてほしいですね。

万が一のことがあって、選手生命が途絶えてしまったら最悪です。

 

今回の駅伝については運営方法や監督の責任などいろいろな話題が出ています。

今後のどのような話に発展していくのかという問題もありますが、まずは飯田怜選手、早くけがを治してほしいですね。

 

関連記事

-スポーツ

Copyright© ネタチェック , 2019 All Rights Reserved.